--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドパーツ

2009年10月15日 22:36

説明が難しい
とうなってた割には全然な内容ですが理想が高すぎたのかもしれない
・・・ゆっくりした結果がこれだよっ!!

ってなわけでヘッドパーツの紹介行ってみよう




ヘッドパーツは、自転車のフレームの前の部分の穴に装着される部品です、これがないとハンドルを切れないので自転車は前進しかできません

ヘッドパーツ100%


自転車が自由に走るためには前輪をキープしているフロントフォークが自由に動くことが必要であり
このフロントフォークの回転を滑らかにする為に、フレーム側に装着されるものがヘッドパーツと呼ばれます
ヘッドパーツは中にベアリングが入ってます ベアリングとはほぼ完全な球をしていて抵抗値を下げる役割をします
なのでヘッドパーツは精度を求められます だから結論高い・・・


取り付けに必要な工具は日曜大工で使用されるようなものではなく なんかクソ高くて特殊な専用工具を用います
そんなに頻繁に変えるものでもないし買うのは馬鹿くさいので自転車屋に持っていってやってもらえばわずかな工賃だけで済みます


大きく分けて新旧二つのタイプがあり新しいのがアヘッド、古いのがスレッドです

アヘッドタイプ
MTBから広まった方式 今の主流はこれですね ロード、クロス、MTBなんでもござれ
ステアリングコラムをヘッドパーツの上方に突出させて次に紹介するスレッドタイプよりも太いステムを外側に被せて固定する ステム高調整にスペーサーを入れるために上下調節はスペーサーで調節するけど微妙な調節はできない
メンテナンスがしやすい剛性が高い シンプルイズベストですよ
買うならこっちですね でも昔のなら互換性はほぼないと思われるのでやめたほうがいいです

ヘッドパーツ ヘッドパーツ


スレッドタイプ
ネジうす式と呼ばれるタイプと一緒だと思います いまはあまり使われてないかも ロード、クロス、MTBと対応してた 春の3代目のマシンがこれ 2000年位はこれが主流なのかな?

構造上固定のパワーが足りないのでMTBとかでガシガシ使うには向いてない上にアヘッドタイプより重いと言われている
ハンドルの上下調整が簡単という点がアヘッドタイプより優れている点 逆に言えばホールドしにくいっていう意味ですが
ママチャリってもしかしてこれじゃない? うむなんかそんな感じな気がする まぁママチャリなんてヘッドパーツの交換するくらいなら買い換えちゃったほうが安上がりな気がしますよ

結論はですね










触るな&自転車屋もってけ
ですねー さすがにあそこの部分はめんどくさそうだからやめといたほうが良いですよ
いやホントマジデ 春は触りたくないです 調べてて思いましたわ・・・
さーて ヘッド紹介したら楽になったなぁ・・・ 次は何を紹介しようかなー

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maigosaginomiya.blog68.fc2.com/tb.php/62-339ff0c0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。