--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトってどれ買えば良いんだよっ!って方へ

2011年11月10日 22:18

スポーツの秋じゃーってことで 日曜日に鎌倉へ行きます
友人と
久々のツーリングなのでダラダラ行きたいという要望に答え
だらだら行きます


さて暗くなるのが早くなってきたということで
皆様ライトが手放せないんじゃないでしょうか

実際市街地をゆっくり走る分にはこちら側(ライダー側)からすれば正直ライトなんてイラないでござるといった人が多いと思います

ただ向こう側(歩行者、車側)から「ここにいるぞ~!」と主張するためにつけてるんですよね

しかし 街灯が少ないところや ちょっと脇道入る といった人には視界確保のためのアイテムでもあります
というわけで今回はライトどれ買えば良いんだよ!って人に


大体の店で扱っているのがキャッツアイです
その中でわかりやすい例があったのでちょっと出してみたいと思います

HL-EL010 2980円
el-10.jpg

400カンデラ
LED1個
単三電池1本

HL-EL210 3200円
9_img1.jpg

140カンデラ
LED5個
単三電池4本

どっちが明るいと思います?
数値で見たらたしかにEL-010なんですよね 400カンデラと140カンデラじゃ約3倍くらいの明るさがあります
しかし実際はこうなってます

EL-010
IMG_1914.jpg

EL-210
IMG_1915.jpg

どうです?EL-210のが明るいでしょう? 明るいと言うよりも視界を確保できるといったほうがいいのかな?

たしかにEL-010は明るいです しかしそれは遠くまで届く明るさであり実際に夜中真っ暗闇を走行するのには適していません
真っ暗闇を走行するなら数値的には劣っているELー210を買うべきなんです
なぜこんな差が出るのかというとLEDの数の差と光の指向性の関係では無いかなと思っています
経験上LEDの数が多いほうが視界確保には役立ちます

しかしまぁ重いしデカイし電池のランニングコストはEL-010なんですけどね
なので

通常装備がEL-010でいいとして 真っ暗闇を必ず通るな とかいう時はEL-210にすればいいんじゃないかな?とか思った次第でございます
もしくはライト増やすとか? つっても視界確保のライトはでかくなっちゃうから無理か・・・

重ねて言いますが 市街地ならEL-010のがいいですよ?視界確保する必要がなく前から来る人に早期に発見してもらえますからね!

というわけで よくお店で聞かれる質問でした
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
スポンサーサイト

ホイール紹介 そのさんっ!

2011年05月06日 00:24

さてさて 手頃なホイールについて
紹介なのでかなり賛否両論あるとは思いますけど おっきいお友達は黙ってスルー
性能についてはインプレッションとかしようがないので
まぁコピペして検索する用程度に使ってください
最初は写真も載せようかと思ったが 量が大変なので諦めた ホイールの形状がかっこいいのとかあるのでそこら辺も見てみるといいかもです
wpid-Fulcrum_wheel_web.jpg



値段はそこそこ適当なので(ネットでちらっと見た程度)あしからず そしてスペックに関してはアップグレード等で変わってるかもしれないので指摘あったらよろしくです
重量と値段はオマケです
軽けりゃいいってもんじゃないことは頭に入れといてください(これだけ見るとA-CLASSが異様に優秀に見えるので・・・)



SHIMANO
WH6600  1696g 50000円
WH6700  1652g 35000円
WHRS30  1952g 26000円
WHR500  1900g 12000円


FULCRUM
Racing3 2way 1540g 62000円
Racing3 1605g 60000円
Racing5 evo 1756g 25000円
Racing7 1858g 20000円


MAVIC
キシリウムエリート 1550g 63000円
キシリウムエキップ 1770g 40000円
アクシウム 1795g 30000円


A-CLASS
ALX460 1705g 40000円
ALX440SL 1570g 34000円
ALX320DX 1630g 30000円
ALX298R 1610g 29000円
ALX430 1585g 29000円
ALX295R 1955g 25000円
ALX280 1840g 22000円


CAMPAGNOLO
EURUS 1550g 85000円
NEUTRON ULTRA 1470g 80000円
ZONDA SHIMANO 1649g 65000円
ZONDA CAMPA 1610g 65000円
NEUTORN 1470g 60000円


EASTON
EA70 1650g 65000円
EA50 1786g 48000円


ALPINE
LIGHTNING 1330g 50000円



こんなモンですかね とりあえずシマノとカンパニョロ、フルクラムを抑えとけばいいと思った 後悔はしていない
正直網羅してる訳ではないので漏れてるのは多々あるとおもうが 定番といったらこんな感じだろう
そして金に糸目をつけないと大変なことになるが 日常使いではこれが限界じゃないかな・・・
それでも金銭感覚の問題か・・・
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ

ホイール紹介 そのにっ!

2011年04月16日 22:36

今回は手組ホイールと完組みホイールの違いについてでしたっけね
(手組の紹介的な感じなので完組みを比較対象としています)
さてさて それではサクサクと書いていきましょう

まぁ読んで字のごとく
完組みホイールとはメーカーが(シマノやカンパニョーロ等々)完成されたホイールとしてだした物 箱から出してタイヤを履かせればすぐに使える物

手組ホイールとは自分でパーツを揃えてホイールを組んでいき完成させてはじめてホイールとして機能する物
必要なパーツはハブ、リム、スポーク、ニップル、リムテープといったところかな
あとは振れ取り台か整備スタンドとかあると楽かも

ハブ
11309300008.jpg

リム
PHO_RR_415_black.jpg

スポーク
33607700010.jpg

ニップル
33607700100.jpg

リムテープ
34841400006.jpg

振れ取り台
34604000114.jpg

こんな感じのもの 振れ取り台に関しては とりあえず仮組みしたら自転車に装着してってやっていっても十分できるけどね



各々の特性としては
完組み
まぁいまどき手組なんてのがイレギュラーなのでこちらをベースにして比較したときに手組がどうなるかという話なんですがね
手組よりも軽く 様々な形のホイールが選べる またスポークの数が手組に比べ少なくて済むのでかっこいい ディープリムのホイールなんてのは完組みでしょうね

手組
軽さよりも剛性で勝負 トラックレースとかだと完組みよりも手組のしっかりしたものが主流みたい またツール・ド・フランスでもいまだに手組を使用している選手もいたね
スポークのテンションをカンカンに上げた手組ホイールは踏み込んだ時の反応が恐ろしく良いみたい
だからトラック競技とか向きなのでしょうかね
後は色のついたカラフルなリムが最近あるみたいで すごく可愛いホイールを履いてる人を見たことがあります
リムの他にもニップルとかスポークとか可愛いのがいっぱい
こんな感じのお洒落リム
velocity-0.jpg


まぁどっちがいいとはあまり言い切れないです
が融通が利くとしたら手組でしょうかね
こんなことやってるショップもありますし
071031fornt.jpg
なんて命名してたっけなぁ なんちゃってラジアル組 だっけ?


さてではホイールが欲しいと思ったとしましょう では手に入れるためにはどうするか?
完組み
ネットで注文 ポチッとな!
だいたいこれで終わりです もしくは店に行って買うか

手組
プロショップに頼む場合と自分でやる場合があります 多分ネットでポチはあまり無いでしょうね

プロショップに頼む場合 これはやってくれる所とやってくれない所があります
聞けばわかると思うので聞いてみましょう 経験上ゴチャゴチャしてるお店は大体やってます マニアックな要望もなんとかなる事が多いみたい

自分でやる場合
これは春自身やったことがあるので経験を踏まえた上で話します
パーツ以外に必要なもの

がんばれがんばれできるできる絶対できるがんばれもっとやれるって!!
やれる気持ちの問題だがんばれがんばれそこだ!そこだ!
諦めんな絶対にがんばれ積極的にポジティブにがんばれがんばれ!!
      
    根気熱気
諦めんなよ… 諦めんなよ、お前!!
どうしてそこでやめるんだ!?そこで!!
もう少し頑張ってみてみろよ!
ダメダメダメダメ諦めたら。
周りのこと思えよ!応援してる人たちのこと思ってみろって!!
あともうちょっとのところなんだから。
俺だってこのマイナス10度のところ、しじみがトゥルルって頑張ってんだよ!
ずっとやってみろ!必ず目標を達成できる!
だからこそNever Give Up!!




こんなかんじに松岡修造ばりにがんばると綺麗なホイールができます

正直技術的なことはそれほど難しいことはない
買う前にちゃんとスポークの長さを計算したり どのスポークをどこに入れるか 入れる順番はどうすればいいのか そこらへんがわかればさほど問題ないのですが ググれば出てくるしね!
如何せんフレが中々取れない それを取るためになかなか時間がかかります ただ終わった頃にはフレ取りの技術とそのホイールに対する深い愛情が生まれるのではないかな

まぁ精度のいい硬いリムを使えばわりと早く終わるみたいですけどね 
マビックのオープンプロとかいう36HのリムとかDT SWISSのリムとか良いみたいですよ



といった感じで如何かな 細かいところまでは突っ込まないでいいから楽 というか最後は修造でのりきった感じがするな 流石です
次は完組みの中でもこれ良いんじゃね的なホイールでも紹介してみるか
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ

ホイール紹介 そのいちっ!

2011年04月14日 23:05

最初に謝っておきたいのがホイール性能を考える 的なことはやりません
なぜかというと
専門的なことはさておき 春なりに研究した結果

1、とにかく軽さは正義である
2、だからといって軽けりゃいいもんでもない


ということがわかりました 禅問答みたいになりました


あれですね 軽くして速くを追い求めた結果 装甲が紙とか段ボールとかの類で作られた戦闘機は落ちやすい みたいなもんです 分かりにくいし的を得てないのはわかってる

まぁ上に挙げた言葉を理解するにはそれはもう・・・めんどくさくって初心者向けじゃないのです
だからやりません 要望があったり 春自身が書くきになったらだらだらと書かせてもらいますが




というわけで 今回は分類をしていく方針で進めます

適当にざざーっとあげてみると 手組と完組みでまず大きく別れ
完組みの中でも リムの高さが高いディープリムや またディスクホイールなんてものもありますね



今回は完組みを

ノーマルの完組みホイールからいきましょう
今回使うのはzipp202

zp_202_l.jpg

まぁ材質とかうんぬんは置いといてよく見かける普通の形のホイールですね


そしてこちらがディープリムと呼ばれるもの
zipp808

zp_808_l.jpg


202に比べ圧倒的な差がありますね
これは主に整風効果のためだとか空力のためだとか言われます


そしてこれがディスクホイール
zippSUPER9

zp_super9_l.jpg

スポークなんて見えない これはただの板ですみたいな感じのもの
これまた空力を追求した結果です


ディープリムやらディスクホイールやらは主にTT(タイムトライアル)で使われる機材であり普段は見かけることはないと思います
ちなみにこれがTT
tds1_005_0.jpg
カンチェラーラはえーよなぁ・・・やっぱTTスペシャリストはちげーや・・・

が まれにサイクリングロードで見かけることがあるかな・・・
普段ツーリングなどでディスクホイールなんぞはいてくる物好きはいないでしょうし
ディープリムも中々いませんので 次回は完組みノーマルと手組についてちょこっと
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ

ペダル紹介 ビンディングペダル編

2011年04月11日 21:17

ピンディングペダルとは
ペダルと靴を一体化させる機能のついたペダルの方の事

靴も特別な靴(SPDやSPD SL用シューズ)でないと一体化することは出来ないため 多くはビンディングペダル+SPDシューズで買う人が多い

効果はなんぞやというと 一体化することで回転効率の向上 そして引き足の使用が可能になるということ もちろん前回紹介したようにトークリップでの引き足使用は可能ですが その性能は雲泥の差です

真面目に走るんだという方や楽に走りたい 俺はもっと速くなりてぇんだ!という人におすすめ
後ペダルとシューズを結合させるときに バジンッ って音がちょーかっこいいです 春的には性能+あの音に憧れて買いました

ちなみにSPDとSPD SLがありますが 効果は殆ど一緒 違いは

SPDはMTB用 歩きにくいけどSLよりかは全然楽
ペダル側
21900100073.jpg
靴側
22500100182-l5.jpg


SPD SLはロード用 歩きにくいし 歩くとクリートが逝く クリートカバー必須?
ペダル側
11900100122.jpg
靴側
mente-spdsl07.jpg
mente-spdsl03.jpg



春の場合ロードに乗ったとしてもSPD SLではなくSPDを選択するかな



これを初めて付けて乗ると色々新しい次元の扉が見えます

坂道などで片側のペダルに全体重をかけフラフラダンシングで進んでいた頃とは全くちがったペダリングが選択できます
ギアを軽くしシッティングでくるくると回す 固定されてないとどうしても前体重をかけるようなペダリングになってしまうのですが固定化されたことによりケイデンス型の走りができる
軽くしないでダンシングで回すときも強力な引き脚の力によってバテるのが遅くなったりさらに重いギアが踏めるようになったり
通常のフラットな道でもトルクで重めを踏む形からケイデンス任せの軽いギアを回す形になると思います

ケイデンス型の脚質に変化してくるとペダリングをスムーズに出来ないと回転数が上がりません なので回してるうちに脚が一番効率のいい回し方を学習します(まぁ否が応にも自分で意識し始める)
そして引き脚を意識し始めるともうSPDなしでは走ることが出来なくなるといっても過言ではないです

これは体験談なのですが 友人のMTBをぴょんぴょん(ウイリーやバニーホップ、ジャックナイフ等)して遊んだ後 そのMTBでどっか行こうかなと漕ぎ出したら勝手に脚が持ち上がり その脚に抵抗がなかったので 階段を余計に多く上がったときのような感じがして危なかったです わかりにくいなぁ・・・

効果についてはその他にも色々あると思いますし こんな効果ないよとか思われるかもしれませんがまぁ目をつむってください



最後に
SPDを装着し初めて乗った方に自転車の神様から受ける洗礼があります
    立ちゴケです
大体信号待ちとかで停止するときに上手くペダルとシューズが離れないでそのまま車体ごと

・・・パタン

とまぁこんな感じですかね
まぁ高速でこけるわけではなく 静止状態から倒れるので そこまでいうほど危なくは無いのですが 肩に軽い怪我とか自転車のハンドルとかに傷が多分できます
あれですね 倒れるのが分かっているのに手も足も出ないってあーゆーことを言うんですよ

皆通る道なので諦めてください
というか
立ちゴケしちゃったー てへぺろー(・ω<)
って報告するとSPD使用の先輩とかロードの先輩から
「ようこそ」とか「おめでとう」とか言われるくらいの恒例行事ですので

諦めてください
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。